×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

髪の傷みの原因1

髪の毛が傷んでしまう訳は、いくつかが考えられます。まず、シャンプーをするときに乱暴に洗うことです。髪には毛髪の内部を外側の刺激から守るため、毛髪の表面全体をおおっているキューティクルという部分がありますが、これは髪につやを持たせる働きをします。これは摩擦に弱いので、乱暴にシャンプーをすることによってキューティクルが剥がれ落ち、つやがなくなります。

髪の傷みの原因2

また、激しいブラッシングの仕方や、濡れた髪にいきなりブローすることもよくありません。激しいブラッシングの仕方も、やはりキューティクルをはがしてしまうことになるのです。濡れた髪は乾いた髪に比べキューティクルがはがれやすいので、髪を守るためにはシャンプー後のブローは、タオルでしっかり水気を取ったあとにしなければなりません。そしてもうひとつ、髪を冷暖房の刺激にさらしすぎるのも、キューティクルを守るという点ではよくありません。

髪の傷みの原因3

濡れた髪は紫外線の刺激にも弱いので、濡れたまま日に当たることは避けなければなりません。パーマやヘアカラーも髪にダメージを与えやすく栄養分を失いがちですので、できる限り間隔をあけるようにしましょう。髪の痛みの改善策としてトリートメント効果の入っているシャンプーや、コンディショナーを使用し、髪のケアを十分行うことが良いと思います。後、定期的に美容室に行き、プロの手によって、トリートメントを行っていただいた方がよいと思います。

Copyright © 2007 髪の傷みの原因はこうして取り除こう!